旦那の浮気発覚?!そのとき貴女は問い詰めますか?


平凡な日常の中で、突然訪れる悲劇「浮気」
もしあなたの身に起きたとしたら、旦那に対してどう対処しますか?
今回は攻めの一手、問い詰めるか、問い詰めないかについて考察していきましょう。
起きてしまったことに、少しでも冷静に対処できるように、少しでも心が軽くなれるように、そして笑顔になれるように。

埼玉県で浮気調査の評判がいい!おすすめの探偵事務所・興信所一覧>>

男は問い詰められるとどうなるのか

・動悸の始動及び、眉毛や鼻がヒクヒクする
初期にみられる症状です。

・動悸の始動及び、眉毛や鼻がヒクヒクする
初期にみられる症状です。
埼玉県で浮気調査の評判がいい!おすすめの探偵事務所・興信所一覧>>
・「ねぇ」「あのさぁ」「ちょっと聞きたいんだけど」
この先制三大攻撃は、男にとってかなりのダメージを与えます。

・急に痴呆が入ったようにとぼける
この頃に発する言葉はもはや意味をなさず、それと同時に目や体が
ウロウロし始めます。

・お風呂に入ると言いだす
さっきお風呂に入ったにも関わらず、またお風呂に入ると言いだします。
場合によっては一度もしたことのない、洗濯物を取り入れだすという謎の行動へと移ります。

このように、男にとって問い詰められるという状況は、かなり肉体と精神に影響を及ぼします。

問い詰め過ぎるとどうなるか

・逆ギレする
口では女性に勝てないと解っているので、何かの拍子に突然怒りスイッチが発動します。

・笑い出す
もうこの頃には、自分の中では限りなく負けを認めています。
手の上で転がし始めてください。

・無の境地に入る
動きが止まります。
体と口は静止していますが、頭と心の中では、めくるめく後悔と走馬灯がパトランプのように活発に回転しています。

何事も度が過ぎると、あまり良いことはありません。
旦那が今どのような心境や状況にいるのかを、冷静に見極めながら次の一手を考えていきましょう。
今の時代はネットやマッチングサイト、不況にセックスレス、、
色々な要因も入り乱れて、男性だけではなく女性の浮気も増加傾向にある世の中です。
一概には言えませんが、若い頃にモテなかった人や遊ばなかった人ほど、歳をとって何かのきっかけからタガが外れたように、遊びや浮気に走りだす人が多いような気がします。
走り出したら止まらない。
それは自分にとっての下り坂だからだと気づいてほしいものですね。

問い詰めることでのリスク

・ごまかされる
冷静に問い詰めていかなければ、、過去のことなどもどさくさ紛れに
あやふやに含ませて、ここぞとばかりに一謝りで済まそうとされる。

・口を聞かなくなる
一日や二日くらいなら良いですが、長期に渡ると家庭や今後にも影響がでてきますし長期戦になってしまうので、会話ができる状態は維持しておきたいですね。

・怪我や事件への発展
男性の場合、女性のように飛来物などで攻撃することはあまりないですが、理性を失うと、腕力で抑えつけようとする習性がありますので気をつけてください。

今のご時世、浮気やちょっとした夫婦喧嘩などから、警察沙汰やワイドショーものに発展する可能性も、無きにしも非ずです。
うちの向かいのマンションの3階から、たまに初老夫婦の罵声や皿が飛んできます、、、皆さんもお気をつけください。

問い詰めないことの利点

・お互い冷静でいられる
心は穏やかではないでしょうが、ヒステリックにならないので、無駄な体力を消費せずに済む。
心理戦が得意な人向けの戦術となります。

・やさしくなる
問い詰められなければ逆に、「俺のこと好きじゃないのかなぁ」
「今回はやばいぞ」などと勝手に妄想して、やさしく接してくる。

・男から謝りやすい
女性の無言、それは男にとって最大の恐怖です。
もう解決への道は、自分から歩み寄るしかないのです。

問い詰めずに追い込む方法も、視野に入れて考えることにより、攻撃の幅が広がります。
相手に見合った戦略で挑みましょう。
旦那の浮気は問い詰めるべきか。
証拠もあり浮気が確定しているなら、問い詰めるほうが別れるにしても別れないにしても、早期解決に繋がるような気がしますね。
責め立てたけど実は誤解で、旦那の気持ちが冷めてしまったり、夫婦仲に亀裂が入ってしまったりすることもあるかもしれませんので、事実確認はしっかりとしておきましょう。
浮気は、された人の心や家族だけを傷つけるだけではないですよね。
今は梅毒などの性病も流行していて、持ち込まれたら体までをも蝕まれてしまいますからね。
そう考えたら、、、、
後先かえりみず、家族のこともかえりみず、神風特攻隊のように誰かの元へ飛び立って行った旦那。
「恥ずかしながら、わたくし、帰って参りました!」なんて言われも、、、
問い詰めましょう!問い詰めて!追い詰めて!貴女が少佐になりましょう!
明日から貴女がこの家の主です。